痴女のセフレ

2020年11月23日

痴女のセフレがいる生活、人からしたら羨ましいかもしれないけど、ちょっとしんどいこともある。
相手がセックスに特化した存在であることが、負担なんだよね。
なんというか、その・・・痴女のセフレの存在があるだけで、目に見えるものがすべてエロの象徴に見えてしまうようになる。
今までそんなことなかったの。仕事の時は切り替えて、ちゃんと仕事してたし。
だけど、同僚の手が急に・・・「おマンコにげんこつ突っ込んでる手」を連想させてきたり、女の同僚の足元見てたら、濡れ濡れで愛液が滴り落ちてる太もも連想しちゃったり。
痴女のセフレがいるだけで、日常がこんなエロめかしく変わるなんて自分でもびっくりだよ。
一日エロいことばっかり考えてるから、毎日オナニーしちゃうしね・・・。
痴女のセフレの日常の破壊力、半端ないよ、マジで。
童貞狩りを趣味にするドスケベ女性を見つける方法
それというのも、時間関係なしにその痴女のセフレがイヤらしいテキスト送ってきたり、画像送ってきたり。
もう俺の性欲で遊ばないで?俺の性欲振り回さないで?
もっと仕事だって身を入れてやりたいの。ちょっと前までは資格取ろうと夜間の専門学校に行こうかな~なんて考えていたのに、今ではそんな気なくなってるし!
エロの時間がなくなっちゃう・・・って、どんだけエロに時間費やしてるんだよ、俺!
こんなの俺じゃない、性欲に振り回される俺なんて本当の俺じゃない・・・
否定しようとすればするほど、しんどくなって。
そして、その痴女のセフレと会うとまた・・・
ナンパ待ちする女性
セフレ募集をする女性

© 2020 ファッションブログ。 Design by アシュリーエレガント
Powered by Webnode
無料でホームページを作成しよう!